ストレスと肌荒れ関係改善方法



40代を迎える今始めるデトックス習慣


その肌荒れはストレスが原因かも...

爽快!

ストレスを感じると肌荒れがおきて、ニキビや吹き出物、湿疹やシミができたりします。

ストレスによっておはだのトラブルがおきるのは本当にあることで、ストレスにも種類があります。

例えば、会社のプレゼンや習い事の発表会などのストレスや恋人や夫婦関係で上手くいかずいらいらしてしまうのもストレスです。また、外的要因としてエアコンの風に当たりっぱなしでお肌が乾燥してしまうような、お肌への直接かかるストレスなどがあります。

この内、外的要因としてかかっているストレス(エアコン風や乾燥など)は化粧水や乳液を塗るタイミングや適度に潤いを与えるためにエアコンの風向きを変えたり、加湿器をおくことによって対処できます。

内面的要因としてあげられる部分はストレスとなっている原因を突き止めて対処しないといけません。
人間はストレスが溜まると交換神経が興奮してストレスホルモンを分泌します。

ストレスホルモンは肌荒れの原因になり、ニキビやターンオーバーの遅れを引き起こすようになります。

また自律神経の働きも弱くなり、循環器やリンパなども動きが悪くなります。
その結果、お肌に栄養を活き渡すことができず、肌荒れの原因になります。

内的ストレスが原因の場合、お肌を清潔にすること、乾燥や外的ストレスを少しでも減らすようにし、ストレスの根本である原因を解決しつつ、お肌をしっかりとケアしてあげる必要があります。

ホルモンバランスを整えるために女性ホルモンの元となる大豆製品やいらいらしないように甘いモノを摂取したりして対策ができます。

入浴もシャワーだけではなくしっかりと湯船に浸かるなどして睡眠をよくとり、好きなことをする時間を作ってケアをしていくと早く治ります。